目的地から探す

沖縄本島

  • 沖縄本島
    沖縄本島

    沖縄の島々への玄関口となる那覇がある、日本屈指のリゾート地です。 ダイバーだけでなく観光客も多く、自然あふれる海は<美ら海>と呼ばれ皆に愛されています。南北150kmもあり、好みに応じたダイビング・観光を楽しむことが出来ます。 基本的なダイビングエリアは、まずは那覇&北谷、リゾートも多く建ち並ぶ読谷&恩納、本部&北部、南部、糸満となります。

屋久島

  • 屋久島
    屋久島

    緑に覆われた縄文杉をはじめとする樹齢1,000年を超える屋久杉が有名な島。 1,000種を超える魚たちがあつまる多様性に満ちた生命力あふれる海が広がります。 黒潮がもたらす抜群の透明度とダイナミックな地形など、マクロからワイドまでバラエティ豊富なダイビングをお楽しみいただけます。

奄美大島

  • 奄美大島
    奄美大島

    日本国内の離島の中2番目に大きな島で、 鹿児島県の南西約380kmに点在する、奄美群島の中で最も大きな島です。 ダイビングエリアは大きく分けると、東シナ海北部・中部・太平洋北部・大島南部の4箇所あり、 美しいサンゴをはじめ、地形やマクロ、内湾の生物などバリエーション豊かです。

小笠原

  • 小笠原
    小笠原

    東洋のガラパゴスと称される小笠原諸島。回遊魚をはじめとする大物から、マクロ生物、地形、サンゴ礁と小さいエリアに様々なロケーションが詰まったまさに、ダイビングパラダイスです。 世界自然遺産である小笠原諸島で、ボニンブルーの碧さを存分に体感できる豊かな時間をお過ごしください。

神子元

  • 神子元
    神子元

    伊豆半島ほぼ南端の沖合にある無人島「神子元島」。 その周辺が絶好の大物出現ポイントとなっており、外洋にあるため魚影の濃さは抜群!! ハンマーヘッドシャークはもちろん、カンパチなどの大型回遊魚が現れるダイナミックな海。

伊豆大島

  • 伊豆大島
    伊豆大島

    伊豆諸島最大の島で、大物好きのワイド派もマクロ好きのフォト派も満足できる海!! 黒潮の恩恵を受けており、年間通して透明度が非常に高い海です。 ダイビングはほとんどのポイントがビーチエントリー、夏には早朝にハンマーヘッドシャークを狙います。

久米島

  • 久米島
    久米島

    沖縄本島西方向より100kmほど離れた場所にある沖縄諸島最西端の島です。 自然豊かで美しい久米島は1983年に島全体が県立自然公園に指定されています。 東洋一といわれるサンゴでできた真っ白な砂とコバルトブルーだけの砂州‘’はての浜‘’は一度は行ってみたい場所!

西表島

  • 西表島
    西表島

    沖縄本島に次いで2番目に大きい島がこの西表島です。 自然豊かで美しい西表島は1972年に島全体が県立自然公園に指定されています。 周囲の海では、400種を超えるサンゴと豊かな海洋生物が生息し、 石垣島と西表島のあいだの日本最大の広大なサンゴ礁域が素晴らしいエリアです。

石垣島

  • 石垣島
    石垣島

    世界でも有数の遭遇率を誇るマンタスポット「平川石崎マンタスクランブル」のある石垣島は、那覇より南西に411kmのところに位置します。 沖縄最高峰の於茂登岳を要し、島の南寄りには沖縄離島随一の市街地が広がる。市街地にほど近い港からは、八重山諸島への船便もあり、 石西瑚湖の海を楽しむ拠点となっている。

宮古島

  • 宮古島
    宮古島

    沖縄本島から南西に約300kmに位置し、沖縄県内で4番目に大きな島。宮古島、伊良部島、下地島などいくつかの島々を宮古群島と呼び、 美しいホワイトビーチやリゾートが多いのが特徴だ。 川や原生林はないが、サンゴ礁が隆起してできた島なので、地下水が豊富で鍾乳洞なども多く存在する。ダイバーだけでなくリゾーターも充分に楽しめる島となっている。

八丈島

神津島

佐渡島

  • 佐渡島
    佐渡島

    日本海側の海は荒々しくダイビングには不適切かと思われがちですが、シーズン中は水温も上がり、ベタ凪の日も多く、透明度も高い佐渡の海は8月中旬から10月までがベストシーズン!

トカラ列島/口之島

玄海灘/沖ノ島

初島

館山

与那国