伊豆大島

伊豆諸島最大の島

大物好きのワイド派もマクロ好きのフォト派も満足できる海!!
東京から大島まで高速ジェット船で約1時間45分とアクセス良好な大島では、黒潮の恩恵を受けており、
年間通して透明度が非常に高い海です。
ダイビングはほとんどのポイントがビーチエントリーとなりますので、ダイビング前後の移動が少なく、
1日で沢山潜りたいダイバーには大変おすすめのエリアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<シーズナリティ>

春・・・浅瀬のトップリーフやドロップオフ、地形などバラエティ豊富な差k名たちを観察できます。
夏~秋・・・早朝のハンマーヘッドシャークを狙ってビーチエントリーで潜ります。
冬・・・美しいサンゴの群衆と透き通った海を堪能できます。

 

 

<ダイビングエリア>

なんといっても 6月~10月中旬頃は、早朝のハンマーヘッドシャーク狙いが凄い!!
ビーチダイビングにて、日の出とともにハンマーヘッドの大群が押し寄せる光景は圧巻!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆秋の浜ビーチ◆
伊豆大島を代表するビーチポイント。マクロ生物の宝庫として有名で、深海系の生物も浅場に上がってきます。
溶岩が造り出した自然の桟橋からエントリーし、ハシゴでエキジットするという珍しいスタイルも魅力の1つです。

 

◆野田浜ビーチ◆
遠浅で最大水深12mの癒しのビーチポイント。ここの見所は溶岩が造り出したアーチです。
天井から生えるカラフルなソフトコーラルは必見です。

 

◆ケイカイビーチ◆
迷路のように入り組んだ水路を進むビーチポイント。
6月中旬~10月中旬まで、日の出と共にハンマーヘッドシャークの大群が押し寄せるので有名です。

 

◆王の浜ビーチ◆
テーブルサンゴの群生や柱状の壁が見られるダイナミックなビーチポイント。
時には巨大なクエやハンマーヘッドシャーク、根の下のハングにはマツカサウオが集団で見られるのも特長です

 

◆トウシキビーチ◆
大島の最南端にあるビーチポイント。深く切り立った水路などダイナミックな地形が見られます。
最大水深4mと浅く、ハードコーラルもソフトコーラルも群生し美しい光景が広がります。

 

 

<ダイブセンター>

イエローダイブ (ショップ併設宿泊施設 コムギテラス)

少数精鋭でお客様を存分に満足させるダイブセンター!!
ダイバーの為につくられた施設なので、使い勝手が抜群に良いのが特徴!
宿泊施設も併設されており、ドミトリーやVIPルームなど、お客様のご希望に合わせて、お部屋の紹介もさせていただきます。