今が旬!おすすめ目的地一覧

沖永良部
沖永良部は奄美諸島の南西部、鹿児島から約550km、北緯27度線上に位置する島です。 三角の形をした島で、四季を通して熱帯・亜熱帯の花々が咲き誇り、東洋一の鍾乳洞<昇竜洞>があることから、『花と鍾乳洞の島』と呼ばれています。年間平均気温は22度・平均水温は23度となり、1年を通してダイビングを楽しむことが出来るのも魅力の一つです。沖永良部は隆起珊瑚の島で、洞窟、クレパス、アーチと変化に富んだ地形を楽しめるほか、大物からマクロの生物までの出会いがあり、島の西側や南側ではギンガメアジやイソマグロの群れとの遭遇も!冬はザトウクジラが訪れる島としても有名です。

詳しく見る

伊豆大島
伊豆諸島最大の島で、大物好きのワイド派もマクロ好きのフォト派も満足できる海!! 黒潮の恩恵を受けており、年間通して透明度が非常に高い海です。 ダイビングはほとんどのポイントがビーチエントリー、夏には早朝にハンマーヘッドシャークを狙います。

詳しく見る

八丈島
東京から太平洋を約300㎞南下した太平洋上に浮かぶ島。 独特の文化と透き通った海が人々を魅了する癒しのエリア。

詳しく見る

宮古島
沖縄本島から南西に約300kmに位置し、沖縄県内で4番目に大きな島。宮古島、伊良部島、下地島などいくつかの島々を宮古群島と呼び、 美しいホワイトビーチやリゾートが多いのが特徴だ。 川や原生林はないが、サンゴ礁が隆起してできた島なので、地下水が豊富で鍾乳洞なども多く存在する。ダイバーだけでなくリゾーターも充分に楽しめる島となっている。

詳しく見る

奄美大島
日本国内の離島の中2番目に大きな島で、 鹿児島県の南西約380kmに点在する、奄美群島の中で最も大きな島です。 ダイビングエリアは大きく分けると、東シナ海北部・中部・太平洋北部・大島南部の4箇所あり、 美しいサンゴをはじめ、地形やマクロ、内湾の生物などバリエーション豊かです。

詳しく見る

神子元
伊豆半島ほぼ南端の沖合にある無人島「神子元島」。 その周辺が絶好の大物出現ポイントとなっており、外洋にあるため魚影の濃さは抜群!! ハンマーヘッドシャークはもちろん、カンパチなどの大型回遊魚が現れるダイナミックな海。

詳しく見る