パプアニューギニア マダン滞在

 

マダンってどんなところ?

マダンは燦々と太陽の光が降り注ぐ、ビスマルク海に面した美しい街で、別名「南太平洋でもっともかわいらしい町」といわれています。
ニューギニア島のノースショアの中でも最大のビーチリゾート地、マダンリゾートはマダンで最も大きく格式あるリゾートです。リゾート内にダイビングサービスがあり、ダイバーに整った環境です。
マダンの街はパプアニューギニアの中でも比較的栄えていて、スーパーマーケットや、青空市場などがあります。

リゾートから歩いて行くことができるので、ダイビング後にお散歩がてら、パプアニューギニアの街を散策することができます。

 

 

マダンのダイビングについて

魚影の濃さでは、パプア3本指に入るのがマダンです。

太ったギンガメアジの大群とバラクーダの群れとの遭遇率が高いのが自慢

     

 

利用ダイビングサービス“ニューギニダイブアドベンチャーズ”

ニューギニダイブは、マダンリゾート滞在のお客様のためにあるダイブアドベンチャーズです。毎日ダイビングツアーを催行してます。また、日本人のインストラクター「山口たかひろさん」がいるため、言葉の心配もありません。スタッフは皆、陽気でいつも賑やかな雰囲気です。ダイビングのこと以外にも、リゾート滞在中のオプショナルツアーのご相談やマダンリゾート滞在中のあれこれなど、何かと頼れる存在です。

ダイビングスケジュール

午前2DV
08:30  各自、ダイビングショップショップ集合
09:00  スタート1DV → 1時間休憩(近くの無人島にて)→ 1DV(11:30頃)
13:00  帰港
(午後1DV追加した場合・・・)
13:30  各自、DVショップ集合
14:00  スタート
16:00  帰港

 

*午後からは、1DVのみとなります。
*初日のダイビングに関しては、原則として、日本人イントラが同行します。

 

 

【代表的なダイビングポイント】

マダンの街の沖合から北に沿って連なるバリアリーフに大物遭遇率の高いスポットが点在しています。

またバリアリーフを越えて南東にある隠れ根「プラネット・ロック」は滞在中一度は潜りたい大物ポイントです。

プラネットロックまでは、ボートで40分で行くことができます!!

 

<プラネットロック> 所要時間 15分

1ダイブで一周できないほどの巨大な隠れ根。魚影の濃さとサンゴの美しさはマダンでナンバーワン!根の周りではフュージラーの群れが乱舞し、その周りで巨大なカスミアジが捕食のチャンスを狙っている。バラクーダやギンガメアジの群れは常連で、丸々太ったスマの群れがトルネードすることもある。何度潜っても飽きないポイントだが乾季は波が高く、行きにくいので雨季がおすすめ。

 

<マジックパッセージ> 所要時間 5分

リゾートからもっとも近いチャネルのポイント。外洋から潮が入るとギンガメアジ、フエダイの群れが中層に。ピックハンドルバラクーダがチャネルの水底に集まる。チャネル入りにはナンヨウキサンゴやウミウチワがたくさん生えた根にハナダイが群れ、美しい景観が広がる。マクロではアケボノハゼ、ピグミーシーホース、アオマスク、スミレナガハナダイ、ニチリンダテハゼ、ロイヤルドティバックと種類豊富。

<バラクーダポイント> 所要時間 10分

ピッグ島の外側にあるドロップオフのポイント。
コーナー部分にバラクーダとギンガメアジの混合の群れが見られる。カレントフックを引っ掛けてずっと見られることも。
大潮ではカンムリブダイも数多く現れる。アケボノハゼの群れやホワイトボンネットアネモネフィッシュなどマクロ狙いでも楽しい。過去にはジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドの群れなどの実績を持ち、何が出てもおかしくないポイント。

<ラッシュパッセージ >所要時間 15分

大きなチャネルでドロップオフ沿いをダイビングする。乾季に透明度が良くなり、潮あたりの良い浅い場所にギンガメアジとバラクーダが群れる。運が良ければモブラの群れやマダラトビエイの群れにも出会える。固有種のメラネシアンフェアリーラスやクジャクベラの仲間のフィラメンテッドフラッシャーラスが観察しやすいポイント。

 

<セックパッセージ> 所要時間 25分

流れのない小さなチャネル中でフュージラー系の群れとフエダイ、ギンガメ、バラクーダの群れが入り混じる混沌とした景色が魅力。コンディションが良ければ、360度大小様々な群れに囲まれる。

 

<B-25ミッシェルボンバー> 所要時間 20分

太平洋戦争時の米軍の爆撃機が沈むポイント。機体に大きなソフトコーラルが付き、両翼、プロペラ、コックピットや後方機銃を持ち、未だ原型をとどめている。周りはマクロ生物が多く、クラウンアネモネフィッシュ、ハナヒゲウツボ、ニチリンダテハゼ、ピグミーシーホースもいる。

 

<クランケットウォール> 所要時間 5分

ナイトダイビングで潜るとマダンでしか見られない歩くサメ「フーデットカーペットシャーク」に出会える。
1ダイブで2,3個体見られ、水深5m付近で出歩いていることが多いので全身を見ることができる。
乾季は波が高く、行けない日が多いので雨季がおすすめ。

 

<ヤミロンベイ> 所要時間 0分

マダンリゾートの桟橋下で、ゴミは多いがマクロではマダンナンバーワンのポイントであり、パプアニューギニア固有種の宝庫。特にロースポッテッドコーラルブレニーはニューギニア島北部でしか見られないカエルウオ。時期によって見られる生物が変化していくので、何度潜っても面白い。大潮のナイトではニシキテグリ産卵も狙える。

 

 

 

シーズナリティー

 

 

 

パプアニューギニア インフォメーション

国名 パプアニューギニア独立国
時差 日本より+1時間
言語 ピジン語、モツ語。ホテルやダイビングサービスでは英語も通じる。
気候 エリアによって異なる。ワリンディ・マダン・リセナンは4月中旬から12月が乾季。風が穏やかで透明度も良いベストシーズンは5月6月と11~12月。マダンの場合は、5~11月が乾季でダイビングにも良いシーズン。アロタウ/タワリ・トゥフィーは11月~4月が乾季となり、風が穏やかで透明度も良いベストシーズンとなります。
通貨 キナ(K)。ダイブセンターやホテルではUS$が使える。空港で両貝するのがベスト。
チップ ダイビング1日にあたりUS$10が目安。
電圧 240V、50㎐
コンセント プラグ形式は、Oタイプ