与那国

日本最南端の有人島

沖縄本島から南西に約509kmの位置に浮かぶ、晴れた日には台湾も見えるという国境の島。

周囲約27km、面積約29km²の小さな島には、祖内、久部良、比川の3つの集落があり、ダイビングサービスは祖内と久部良に点在。島の周囲は荒々しい崖で囲まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<シーズナリティ>

冬から春がベストシーズン。

12月末頃から西崎周辺のスポットに現れ始めるハンマーヘッドシャークの群れと、海底遺跡周辺の海況の良さ。

西崎周辺や「遺跡ポイント」のある南側は、冬の北風が吹いても島陰になるため、コンディションがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ダイビングエリア>

 

◆西崎(いりざき)◆

島の最西端の岬で、ハンマーヘッドシャーク(アカシュモクザメ)との遭遇率が高いスポット。

運が良ければ、次から次へハンマーヘッドの群れが流れてくる「ハンマーリバー」が見られる。

12~5月頃が狙い目。ブルーウォーターダイビングとなるので、中性浮力は必須。

 

 

◆遺跡ポイント◆

島の南約100mの海底に沈む巨大な岩礁に、テラスや階段、排水路のような溝など、人の手で加工されたと思われる痕跡が見られ、調査の結果少なくとも1万年ほど前には陸上にあったことが判明している。

島の南側に位置するので、北風が吹く11~4月頃に潜りやすくなる。

 

 

 

 

<ダイブセンター>

与那国を潜り続けて30年以上の”サーウェス与那国” 

「明るく元気で海も人も大好き!」という個性豊かなスタッフが、安全に楽しく与那国島の海やアフターダイブをご案内いたします。