?C?O?_?C?r???O?c?A?[???N???u?A?Y?[??

2016年度版ガイドブック刊行
ガイドブックの一部を見る→
製本版を請求(無料送付)→

?t???[?_?C????????????

 

 
ヤップってどこ?
 

日本から南へ約3000km。ヤップ島と中心に4つの大きな島と10数島の小さな島からなるヤップ。周辺はサンゴ礁に囲まれ、近海にはヤップ海溝があります。

ヤップは、ミクロネシア連邦のなかでも最も伝統的な島といわれ、昔ながらの伝統や魅惑的な伝説に包まれ、そこに暮らす人々は太平洋地域でも非常に独特な文化を持っています。

巨大な古代の石貨と石貨銀行、伝統のダンス、マングローブの森など、たくさんの見所がつまった場所です。

ヤップでのダイビング
 

ヤップのシーズンは大きく2つに分かれます。

雨季は、6月〜11月まで。

雨季といっても昼間に通り雨が降る程度で、1日中雨が降るということはありませんが、曇りの日が多い。

乾季は、12月〜5月頃まで。

乾季の場合は島の西側のポイントを潜り、雨季の場合は島の東側のポイントを潜ります。

マンタレイベイリゾートからダイビングへ。

マングローブに囲まれた水路を抜けて島の反対側の外洋へ向かいます。。。

ダイビングポイントまでは遠いところで30分ほど。

近いところでは、5分足らずという、とても恵まれたダイビング環境です。

乾季に潜る島の西側のポイント。雨季に潜る島の東側のポイント。

どちらにもマンタのクリーニングステーションとサメのポイントがあるので、 バラエティに飛んだダイビングを年間通じて楽しめるのが、ヤップダイバーズの特徴です。

マンタのクリーニングステーション

水深5メートルほど。水深が浅いので、明るいところで たっぷりとマンタを堪能できます。

シャーク・フィーデング

餌となる魚をバスケットを水底約10メートルのところに 置き、シャークを待ちます。

グレイリーフシャークやブラックチップシャークなどなど。

次々にサメがやってきて、ダイバーの横をすれすれで 泳いでいきます。 

体長1〜1.5メートルほどなので、怖さを感じることはほとんど

ありません。カワイイ〜というのが正直な感想です。

狙い目は、満月と新月の時!

ポイントまで近く、流れはほとんどないので、ビギナーダイバーやシニアダイバーもストレスなく楽しめる海です。

満月と新月の大潮の時には大きな流れができるので、ギンガメアジ、カンムリブダイ、ロウニンアジ、マダラトビエイなどの群れが見れる確率があがります。

マクロ派も満足!

ヤップダイバーズでは、サンセットダイビングで、「ニシキテグリ(マンダリンフィッシュ)」を狙えます。

なかなか見つけづらいのかなと思いきや、あちらこちらにいて、カワイイ姿を見せてくれます。

日没時間にあわせてエントリーするので、オスの求愛行動もバッチリ見れちゃいますよ。。。

 

ヤップのダイビングポイント→

 


  You Tube ヤップダイビング動画↓
 
  ヤップ基本情報
 
正式名称
ミクロネシア連邦 ヤップ州
時差
日本時間+1時間
言語
公用語は英語
通貨
USドル
ビザ
30日以内の観光なら不要。パスポートの残存期間は4ヶ月以上必要。
電圧
110ボルト/60ヘルツ
コンセントの形状は日本と同じタイプ。日本の電化製品も使用できますが、精密機器は変圧器の併用が望ましい。
気候 年間平均気温は27〜28℃

11〜5月が乾期、6〜10月が雨期。乾期は北東の貿易風が吹くことが多い。雨期といっても雨量はそれほど多くなく、日に数回にスコールが降る程度。
チップ チップの習慣は基本的にない。心遣いで置いていく場合、レストランでは料金の10パーセントくらい。ホテルのベッドメイクには1ドルが目安。
両替 基本的には外貨両替ができないので、入国前に米ドルに両替しておきたい。クレジットカード(VISA/MASTER)は、ホテルや主要なレストランでは利用可能。

小さなレストランや商店などではUSドル現金のみというところも多い。
その他 島ならではの習慣が根強く残っていますので、無断での土地への立ち入り、写真などの撮影などは禁じられているので注意してください。

幹線道路をはずれた場所に入りたい場合、あるいは人々の写真を撮りたい場合には、必ず前もって許可を取ってください。

また、観光客用のビーチやボートなど特定の場所以外では、女性の極端なミニスカートやホットパンツなど肌の露出の多い服装は控えめに。