?C?O?_?C?r???O?c?A?[???N???u?A?Y?[??

2016年度版ガイドブック刊行
ガイドブックの一部を見る→
製本版を請求(無料送付)→

?t???[?_?C????????????

 
   
ババウ島ホエールスイム
 

トンガのババウ島は大小様々な島が数多くあり、そして大きな入り江になっており、それがザトウクジラが繁殖活動(交尾、出産、子育て)に最適な環境、 外敵から身を守る自然の要塞になっているため、沢山のザトウクジラが集まるのです。

 

念願のザトウクジラと泳ぐためには、キャプテンから簡単なレクチャーを受けます。

 

ザトウクジラの親子を発見した場合のプロセス。
 

(1)ザトウクジラ達にボートのエンジン音を慣らさせるためにこちらも少し離れた場所からゆっくりとザトウクジラと並走。

(2)ザトウクジラに入水して接近する場合、その時エントリーする時は慌てず音を立てずに入水。
そしてフィンキックが肝心でこちらもバシャバシャ音を立てずに水面下に入れた状態でゆっくり接近。

(3)一度にクジラスイムをできるメンバーはガイド1人とお客様が4人と決まっています。
各自が四方八方に泳ぎ回らずにガイドを中心に一つのグループになり、クジラが見えたらこちらも泳ぐことをやめて立ち止まって観察。

(4)最後に私達は、ザトウクジラには危害を加えず、安全だと認識して貰うこと。

追い掛け回すと、危険人物?だと思われて、クジラは仲良くしてくれません。。
ザトウクジラの警戒心がとれると、こんな感じでクジラの方から寄ってきてくれます。

時には、お母さんがお昼寝をしている周りで、好奇心旺盛の赤ちゃんクジラが私達と遊びたそうにしてきたり。。。

 

 

時には、こんなに近くまで親子クジラがやってきてくれます。

 

アズールオススメのボート・ボートキャプテン
 

ババウで生まれ育ったキャプテンのロサは、ババウ島で初めてザトウクジラツアーを始めた人物です。


ザトウクジラを怖がらせないように、優しく近づき、クジラが心を許すまで、じっと待ちます。

そんなアプローチの仕方をしているので、一度もボートに戻ることなく、30分以上も ずっとザトウクジラ親子とスイムできる機会がつくれます。


そして、ほとんど泳ぐ事なく、水中では何度も何度もクジラとアイコンタクトできるという機会ができます。


このキャプテンとなら、スノーケリングが苦手の方や、体力に自信のない方でも安心して参加できるんです。

 

   


 
 
被災動物支援の義援金
被災動物支援サスケマンプロジェクト
クラブアズール(株式会社サン&アドベンチャー)は、日本スクーバ協会メンバーです。