?C?O?_?C?r???O?c?A?[???N???u?A?Y?[??

2017年度版ガイドブック刊行
ガイドブックの一部を見る→
製本版を請求(無料送付)→

?t???[?_?C????????????

 
   
ダイバーズアイランド <ラヤンラヤン>
 

ハンマーヘッドシャークの群れ、マンタ、ギンガメアジの群れ、イソマグロやホワイトチップと、大物好きダイバーならたまらないシーンが次々と目の前に繰り広げられるのがラヤンラヤン。

ボルネオ島の北西に浮かぶ絶海の孤島のラヤンラヤン島は、季節風の関係で毎年3月から8月の間のみオープンしている、期間限定のダイバーズアイランドです。

ラヤンラヤン島に行くには、東マレーシアの玄関口・コタキナバルからリゾート専用機で約70分。

ラヤンラヤンとはマレー語でツバメを意味するそうだが、島の周囲には何万羽ものウミツバメやカツオドリが集まってきます。

この南シナ海に浮かぶ環礁の島には、ダイビングの拠点となる「ラヤンラヤン・アイランドリゾート」と、マレーシア海軍の基地があるだけ。

他にはまったく人工物のない、まさに大海原の真っ只中にあるリゾートです。


ラヤンラヤンの周囲は、水深2,000mまで落ち込むドロップオフになっていて、透明度抜群!

ダイビングポイントの数はリーフの周囲に13カ所、リーフの内側にセルフダイビング用のビーチポイントが1カ所の計14カ所。

外洋に面したポイントには、ハンマーヘッドシャークやマンタがやってきます。多いときには100匹以上の“ハンマーリバー”が見られることも。

またハンマーヘッドシャークに出会えなくても、ギンガメアジやバラクーダ、イソマグロ、カンムリブダイの群れ、レオパードシャークなど、見どころは盛りだくさん。

   
ラヤンラヤンリゾート
 

全86室あるお部屋は、全てツインのスタンダードルーム。

お部屋にはトイレ・温水シャワー・エアコン・冷蔵庫(ミニバーはなし)が完備されていています。

また、広いプールは、ダイビングの後にくつろぐのにもおすすめ。水平線に沈んでいく夕陽を見ながら、ビールを飲めば最高のリラックスタイム。

おいしさに定評のあるお食事は、1日に5回(朝、昼、夕食に加え、朝軽食とおやつ)が提供されます。

潜って、食べて、そして海を見ながらリラックス。海に沈む夕陽や満天の星空も見られ、まさにダイバーのための珠玉の休日がまっています。

   
ラヤンラヤンでのダイビング
 

ボートポイントは、一番遠いところでも20分ほどで到着。ほとんどのポイントはドリフトダイビングが基本で、アンカーロープはないので、中性浮力はしっかりと。

また手つかずのサンゴ礁が広がるポイントもあるので、サンゴに手をついたり、フィンで傷つけたりしないように注意が必要。

水深が深めのポイントも多いので、ダイビングコンピュータは必ずお持ち頂くことをおすすめいたします。

   
  主なダイビングポイント 
 

ゴルゴニアンフォレスト Gorgonian Forest
ハンマーヘッドの群れがよく見られるポイント。ハンマーが登場しなくても、ギンガメアジやバラクーダの大群、イソマグロ、カンムリブダイの群れが見られます。またサンゴの群生も見事。

クラックリーフ Crack Reef
エントリーポイントがリーフの大きな割れ目(クラック)の頂点にあるのが、スポット名の由来。その割れ目は水面から水深40mよりも深く続き、とてもダイナミック。イソマグロの群れが見られることが多い。ドリフトダイビングで潜ります。

ナビゲーターレーン Navigator Lane
手をつく隙間もないほど密集したサンゴ礁が見どころのポイント。元気に枝を延ばすウミウチワ・ウミトサカ、ミドリイシなどのハードコーラルも一面に広がります。ハンマーヘッドシャークが見られることも。

ジェッティー Jetty
ハウスリーフにある無制限ダイブ用のポイント。砂地が広がっていて、魚礁が沈められている。そこにはハゼやカサゴ、様々な幼魚類などが集まり、時にレアものも見られる。水深は最大10m。ナイトダイビングも可能。

   
 

 
 
被災動物支援の義援金
被災動物支援サスケマンプロジェクト
クラブアズール(株式会社サン&アドベンチャー)は、日本スクーバ協会メンバーです。