?C?O?_?C?r???O?c?A?[???N???u?A?Y?[??

2017年度版ガイドブック刊行
ガイドブックの一部を見る→
製本版を請求(無料送付)→

?t???[?_?C????????????

 
   
モザンビークでのダイビング事情
 

モザンビークで最も人気のダイビングリゾートは、<トーフ>。

その人気の秘密は、長〜く美しい海岸線と<ジンベイザメ>と<マンタ>が高確率である点です。

 
   
  遠浅のビーチの先に<マンタのクリーニングステーション>が点在しているので、通年を通じ、ダイビング中に<マンタ>と遭遇できる確率90%以上。マンタスポットとしては世界トップレベル。

そして<ジンベイザメ>も通年通じて80%の確率。以前は雨期(10月〜3月)の確率80%だったのですが、現在はトープのダイビングショップが協力しながら探したり経験を積み、通年を通じ80%と言われるまでになりました。
 
 
   
 

マンタ・ジンベエ・ザトウクジラの3ビックアイドル以外にもインド洋ならではの固有種が多く、魚影は濃い。サメ系も豊富でグレイリーフシャーク、レオパードシャークなども期待できる。

あまり人が入っていないという事に加え、ここではフィッシングは盛んではありません ので、警戒心のない魚達がいっぱいです。

しかし、マンタ・ジンベエが好む海という事と長いビーチがあるので、透明度は期待できません。

 
 
   
 

遠浅のビーチからゾディアックボートを全員の協力で沖に出すところから始まります。 一つ一つ上手に波を越えて漕ぎ出し、沖のポイントへ向かいます。

ダイビング終了後はビーチに向ってエンジンをフル回転! サーフィンのように波乗りをしながら、ざざっ〜とビーチに乗り上げます。

乗り上げた時の衝撃で、海に落ちた人はいないそうですが、お姫様ダイビングに慣れてしまったダイバーには、少ししんどいかも?!

 
   
  モザンビーク・トーフの町情報
  コンパクトにまとまったリゾートエリアは、ビーチ沿いを歩けばどこにでもいけます。
 
  町の中心にある お土産物屋さんと雑貨屋さん
 
  インニャンバーン行きのバスターミナルも町の中心部にあります。

  オススメのレストラン
一人当たり1,500円くらい ビール 約150円 物価は安くありませんでした。
 
トーフのダイビングについて
 

モザンビークの中でもっとも人気のあるダイビングリゾート<トーフ>

その人気の秘密は、長〜く美しい海岸線と<ジンベイザメ>と<マンタ>が高確率で見られる事でしょう。

 
 
  人気のポイント
 
  マンタポイント 水深24m〜28m

広範囲に広がるマンタのクリーニングステーションが3つもある人気のポイントです。最初のステーションでマンタ待ちをし、もし来ない雰囲気であれば次のクリーニングステーションへ移動できるのでマンタの遭遇確率はかなり高いです。

魚影も濃くヨスジフエダイの群れ、バラクーダーの群れ、ハタ、アオウミガメなど 飽きる事がないポイントです。

オアシスポイント 水深24m

オーバーハングが多く、地形を楽しむ事ができるポイントです。入り組んだ地形の ところでは、悠々と泳ぐグレーリーフシャークやホワイトチップなどを見る事 ができます。

ハードコーラル・ソフトコーラルが見事で、フィッシウィッチングも楽しい。 又マンタのクリーニングステーションが2か所あるので、マンタ狙いもできます。

ガレリアポイント 水深30〜35m

長いウォールがあるポイントです。ボトムの水深は30〜35mトップのリーフは26〜28mサイズの大きなハタは、ダイバーを怖がらないのでじっくり 写真がとれます。

カエルアンコウのサイズもニックです。天候の影響を受けやすいので、透明度は期待できません。

このエリアでも、ジンベイザメがよく現れます。
 
  オススメダイビングサービス
  このトーフエリアで一番長く営業している<スクーバシティ>がおすすめです。

ホットシャワーもあるので、水温が低い時には重宝します。

ダイビングプール完備。

5名のダイバーに対し1名の水中ガイドがつきます。透明度が良いとは言えない海なので、ガイドは常にセーフティブイーを持ってガイドしております。

アドバンス以上のライセンスをお持ちでない場合は、現地でディープダイバー講習を受ける必要。詳しくはお問い合わせください
 
 
   
  水中トピックス
 
 

雨期 10月〜3月 気温28〜30℃
乾期 4月〜9月 25℃〜28℃

3月はモンスーンのシーズンなので、ダイビングにはおすすめできません。

9・10月は風が強いので、遠くのポイントに行けない日がたまにあります。

   


 
 
被災動物支援の義援金
被災動物支援サスケマンプロジェクト
クラブアズール(株式会社サン&アドベンチャー)は、日本スクーバ協会メンバーです。